»
»
»
広島県産材

スタッフブログ

【#072】 1/fゆらぎ

1/f(エフぶんのいちゆらぎ)といわれる不規則な変化(規則と不規則の間の微妙な変化)は、
我々の視覚・聴覚・脳に心地よい癒し効果をもたらしてくれます (*´∀`*)


本日、杉の化粧材を作る際に結構な量の“カンナ屑”が出てきました(@_@;)!!!!!!!

(この両量で↓)



(この量が出きました↓)

 

最近はこの“カンナ屑”も、“カンナ屑プール”や“照明器具”など様々な用途に使われており、
建築以外のところで、木(カンナ屑)の柔らかさが活かされています(≧∇≦)

木は人と同じ有機物で、ひとつとして同じものはありません。

※家族やソックリさんのように物凄く似ているけど微妙に顔や声が違うはずです( *´艸`)

プリントとは違い、自然な無垢の木は、
色・木目~木口・カンナ屑までたくさんの1/fゆらぎで我々を心地よくしてくれます(*>ω<)b

   

お盆休み明けからも引き続き心地よい木を宜しく御願い致します<m(__)m>

 

【#071】 宮島口フェリーターミナル

「宮島口地区まちづくりグランドデザイン」に基づき、

1、『世界遺産・宮島の玄関口にふさわしい「宮島との“つながり”を意識した景観形成』

2、『人と人を“つなぐ”「新たな賑わいの創出」』

3、『未来に渡ってまちの活力を“つないでいく”ための「観光と生活の共存」』

の3つのテーマが設定され、3年前に設計建築プロポーザルが行われました。



そして現在は東京オリンピックと同じ2020年の完成に向けて工事が進んでいますo(゚ー゚*o)(o *゚ー゚)o

新しい宮島の玄関口が待ち遠しいですが、
もうしばらくは臨時の桟橋から“JRフェリー”と“宮島松代汽船”を乗り分けて宮島に渡りたいと思います!


    
 

近年、宮島への来島者が年間400万人を超え続けています\(^o^)/

今日も本当に多くの方が宮島を訪れてましたが、
ぜひとも新しくなるフェリーターミナルに再び来て頂きたいですね<m(__)m>

 

【#063】 元と末

化粧造作材用に、杉の5mの元木(元玉、一番玉)の末口を見ていると、
綺麗な“○まる”ですが、



反対の元口を見てみると(〃゜△゜〃)!!


広島名物“もみじ饅頭”
あんこが詰まってます(^^)



三角形


色々な形があるので、また次回お楽しみにして下さい♪

 

 

【#053】 番付け

特一「節有り」の杉の柱56本の中から、見える場所になるべく節が少なく表情が良いものを
37本選り出すために、工務店の社長自ら番付けに来られました<m(__)m>

なかなかしっかり節が入っているので申し訳なかったですが、
それでも56本×4面=224面を2時間じっくり1本づつ見て番付して頂きました<m(__)m>
  
構造材やフローリングは、同じ材、同じ価格でも最初に時間をかけ選別することで
仕上がりの美しさに大きな差がでることをいつも教えて頂いてます。
ついつい急いでしまいがちですが、
時間をかける所はしっかりかけないといけないなと改めて思いました(・ω・`)ゞ

 

【#033】 木材検査~杉 造作編~

サイズ、節、曲がり、赤身勝ち、白太勝ち、茶緑色、木の素性・・・と木取り材の目視での選別検査を行いました。
最初の頃は1本を選別するのに数十秒かかっていましたが、
1000本を超える頃には5秒、5000本を超える頃には3秒で、1万本を超える頃には1秒・・・とまでは言い過ぎですが、
目の筋肉も鍛えられ、(構造材や、JAS材、仕上げ材の選別ともなればそこまで早く出来ませんが)
かなりの選別スピードを身につけることができました(◎▽◎)!

 
    


引き続き、どのような商品であっても、お客様に喜んで頂けるように、
製材時、加工時、梱包時、配送時など細かく商品をチェックしていきたいと思います(・〇・)ゞ

 

【#031】 モノ+コト

昨日日曜日、“木を使って家具を作ろう”のイベントが開催されました(・・*。)
  
全て同じ形状に加工された広島の杉材をカットし、組み合わせることで、
花台や下駄箱やお部屋の棚が作られていました(*°▽°)/


    

造り手のアイデア次第で色々なオリジナル家具が出来上がっていくのを目にして感動しましたが、
それ以上に感動したことは、参加者が協力することで、
コミュニケーションが生まれ、笑顔が生まれ、時間が経つにつれて会場に人が増えたことです(^^♪

 


身近なものでゆっくりと(あえて)時間をかけることの素晴らしさを教えて頂きました<m(__)m>

 

【#029】 端材 to NEW YORK


日々の仕事の中で出てくる端材ですが、端材も色々と有効活用されています!

普通は毎日お風呂を沸かす薪であったり、こどもの木工工作であったり、毎年1月には“とんど”、
5月末は“廿日市木材利用センター祭り”など。

 

2015年には端材から出来た“宮島の鳥居キット”がニューヨークまで行きました\(^o^)/
  
しかしながら端材はまだまだあります(>_<)
他にも、“1m以下の木材”(格子やデッキ材や羽目板など)もありますので“小さい木”を
お求めの方はぜひともお声かけ頂ければと思います<m(__)m>

 

【#016】 “おりづるタワー”に登れない(>_<)

昨日、広島市内にて、カープOBの安仁屋宗八さんの講演会がありました。
安仁屋さんは沖縄で初めて夏の甲子園出場を果たし、現役の頃はV9時代の巨人相手に34勝を上げる巨人キラーとして
活躍されました。今のカープのリーグ3連覇の理由や、二軍監督時代に選手が一軍で活躍できる力をつけるにはなどを、
独特の笑いとともに我々の仕事にも活かされる内容で話して頂きました。



講演終了後は、久しぶりに会場近くのおりづるタワーに向かい、広島県産の杉や桧で囲まれた屋外展望スペース
“広島の丘”13Fに登って広島市内の絶景を見ようと!

     

隣の原爆ドームや平和公園を歩いたあと到着したのですが、なんと18時でチケット販売終了(※次は19時~)。。。。。(□о□;)
泣く泣く帰ることに(´°ω°`)

帰りにチラシを見ると、19時以降は1,000円と通常料金(1,700円)よりも安く、また色々な企画が催されてることを知り
ますます魅力を感じました(*´▽゜)

http://www.orizurutower.jp/
  

 

 

【#005】 エネルギークリーンセンター

今春に、廿日市木材港内に完成しオープンしました「はつかいちエネルギークリーンセンター」
では、広島県産(廿日市市産)の木に囲まれた展望室から
瀬戸内海に浮かぶ宮島を眺めることが出来ます。




平日開館時間中は、見学エリアを自由に見学することが出来るようです!


住所:廿日市市木材港南12番8号
見学できる時間帯:月曜日から金曜日(土日祝日を除く) 9時~16時
※12月29日~1月3日除く

 

PAGE TOP